テクノロジー

トレーダーによる、トレーダーのための技術構築

弊社は、ポートフォリオ管理、投資家管理、ブローカー、トレーダーおよびその他の金融機関のための包括的な技術を提供します。自社開発により弊社提供の幅広いサービスをサポートするようデザインされており、スタンドアロンソフトウェアまたはソフトウェアプラスサービスという形で、弊社独自プラットフォームとセットでクライアントに提供されます
クライアント要件が、プラットフォームの進化を促します。弊社は、クライアントがテクノロジーの進化に合わせて恩恵を受けるようにコミットしています。弊社のプラットフォームは民間のデットマネージャーや、ヘッジファンドマネージャー、プライベート・エクイティ・マネージャー、個人銀行、年金基金および同族会社に利用されています。弊社は、資産管理会社や外部のソフトウェアプロバイダーと協力することの利点を認識しており、彼らとの緊密な協働によって、業界でも一目おかれる技術を生み出しています。
Liquidity Bridge

リクイディティブリッジ

リクイディティソリューションが、全ての資産クラスに対応し、スマートな実行、リクイディティ統合およびリスク管理を実現します。

PAMM

PAMM

高性能の投資管理システムであるPercent Allocation Management Moduleとは、質の高いマネーマネージャーや投資家を集めるためにデザインされたPAMMソリューションです。センスの良いウェブベースUIと、最新の投資管理機能を備えています。

MT5 Social Trading

ソーシャルトレーディング

登録者がトレーダーのレーティングを監視し、良好なトレーディング活動を手本にすることができるようにした、洗練されたプラットフォーム・ソリューション・パッケージです。

Trade Copier

Trade Copier

Trade Copierプラグインを使うことで、ブローカーはトレードをソースアカウントやグループから、マージンやボリューム、価格等の適切なプラットフォームパラメーターを持つターゲットアカウントにコピーすることが可能になります。Trade Copierプラグインは、ライセンスを持つブローカー企業の内部利用目的に作られているため、外部ウェブインターフェースはありません。

Feeds

フィード

統合された価格データフィードは、ビジネスの成功において必要不可欠であり、いかなる場合でもほんの少しの遅延が市場に影響を与える場合があります。拡充を続ける弊社のフィードソリューションを使うことで、評判の良いブローカーは、信頼のおけるマーケットデータへの迅速なアクセスを、評判の良いプロバイダーから直接プラットフォームへ提供することができ、クライアント取引の完全な透明性を実現することができます。

Ratings & Statistics Module

レーティング&統計モジュール

今日のブローカーがクライアントを自社ウェブサイトに集客するためには、確立されたトレーダーレーティング、統計およびトレンドの組み合わせを金融投資の土台とすることができるメソッドを、トレーダーに提供しなければなりません。本モジュールは、お使いの独自ブローカーブランドを促進し、ウェブサイトへの集客を促し、PAMM、Social Tradingなどのサービスへの新規サインアップを生み出すようデザインされています。本モジュールは、特定のトレーダーやインベスターについての詳しいデータを表示し、潜在的なクライアントに対するお客様の会社の透明性を向上させます。コンポーネントには、希望するあらゆるデザインを容易に統合することが可能です。

FIX API

FIX API

FIX API ソリューションによって、ブローカーはFinance Information Exchange APIプロトコルを利用し、パートナーにリクイディティを提供することができます。このソリューションを使うことで、ブローカーは見積りとオーダーセッションを提供することができるようになり、以下が可能となります:マーケットオーダー、ストップオーダー、リミットオーダーおよびその他のオーダーの実行 指定したグループマークアップ設定、許可およびその他の機能に基づく見積り購読

REST/WEB API

REST/WEB API

このソリューションによって、ブローカーは、ウェブサイト上で十分に裏付けされたREST APIにより、マネージャー機能とアドミン機能を統合することができます。

Algo Trading

Algo Trading

Constant Capital Technologyの社内開発能力は、私たちがコンサルティングプロジェクトを担う機会を提供してくれます。これらのカスタムプロジェクトはほぼ例外なく技術集約型で、他社がやろうとしない、またはやることができない開発内容を伴っています。クライアントは、現在のニーズを満たす、そしてこれからも改善を続けるプラットフォームによる恩恵を享受します。